物流管理・経営に必要な資格・免許とは

我が国の経済は物流によって成り立っているといっても過言ではありません。
日本は輸出も輸入も多い国です。そういった物資は空や海から輸出入されるわけですが、港や空港へ物資を運ぶためにはそれ相応の物流システムが必要です。税関も通過しなければなりません。
また、日本は輸出入に頼っている国と思われがちですが、むしろ内需の方が比率が高い国です。国内各地で製造・生産された物資を全国に運ぶためにも物流システムが必須になります。
このように、日本経済上で極めて重要な位置を占める物流業務ですが、実は様々な法律のもとにした様々な資格・許認可が必要な仕事でもあります。
それはそうです、「物流」と一言にいっても、物を目的地に輸送するだけではありません。「輸送」の他にも「保管」「荷役」「包装」「流通加工」「情報システム」と業務内容は多岐にわたりますから、それぞれの分野での専門的なスキルや知識が必要になります。
当サイトでは、物流業務に携わるために必要な資格・免許についてご紹介しようと思います。これから物流業界に転職したいなと考えている方などは知っておいた方が何かと参考になると思います。転職前に資格取得するのもいいですよね。
ちなみに「資格」と「免許」の違いはご存知ですか?ご存じない方のために、その違いについて触れておきましょう。
一般人には許されていない行為を許されるのがその免許取得者です。一般人には許されていないわけですから、無免許では処罰されます。運転免許や医師免許がわかりやすいですかね。無免許運転は処罰されますし、医師免許無き者が医療行為をするとそれは犯罪行為です。
資格とは技能・スキルや知識を証明するものですね。ですので、資格無い者がその行為をしたところで処罰されることはありません。仕事上では有益ですので、就職や転職には有利になります。

物流業務に従事するには資格・免許が必要な場合が多い

物流業務では物資を管理する業務も大事になってきます。「保管・輸送・荷役・包装・流通加工・情報システム」という一連の物の流れの中で、各所を管理するにはそれぞれ特殊なスキルや知識が必要になってきます。 もちろん経営者にも必要な資格はあります。 その各所で必要な資格・免許をご紹介していきましょう。

物流現場で必要な資格・免許について

物流業務の前線である現場の仕事。一般の人にもイメージできるし仕事ですよね。その分、必要な資格・免許もわかりやすいと言えます。 もっとも、物流業務は多岐にわたりますので、現場の仕事でも見ずらい部分はあるわけで、その部分に特殊技能が必要だったりします。 それでは現場仕事で必要な資格・免許をご紹介します。

国際物流に必要な資格・免許とは

海外との物資のやり取りにも物流システムは不可欠です。 まとまった数や量の物資を海外とやり取りするにはそれ相応の資格は必要になってきます。国際間の物資のやり取りは、税関を通らなければならないので、特に手続上のスペシャリストが必要なのです。 その国際物流に必要な資格・免許についてご紹介しましょう。

物流業務に従事するには資格・免許が必要な場合が多い

物流業務では物資を管理する業務も大事になってきます。「保管・輸送・荷役・包装・流通加工・情報システム」という一連の物の流れの中で、各所を管理するにはそれぞれ特殊なスキルや知識が必要になってきます。 もちろん経営者にも必要な資格はあります。 その各所で必要な資格・免許をご紹介していきましょう。

物流現場で必要な資格・免許について

物流業務の前線である現場の仕事。一般の人にもイメージできるし仕事ですよね。その分、必要な資格・免許もわかりやすいと言えます。 もっとも、物流業務は多岐にわたりますので、現場の仕事でも見ずらい部分はあるわけで、その部分に特殊技能が必要だったりします。 それでは現場仕事で必要な資格・免許をご紹介します。

国際物流に必要な資格・免許とは

海外との物資のやり取りにも物流システムは不可欠です。 まとまった数や量の物資を海外とやり取りするにはそれ相応の資格は必要になってきます。国際間の物資のやり取りは、税関を通らなければならないので、特に手続上のスペシャリストが必要なのです。 その国際物流に必要な資格・免許についてご紹介しましょう。

▲ページTOPへ戻る